RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
徳萬殿@神保町
こんにちは。あきをです。

すっかりご無沙汰してしまいました。
半分言い訳になってしまいますが、どうも神保町との相性が悪いのか
いい店に出会うことがありません。

結構並んでいるので、「おいしいのかな?」と思って入ってみても
全然おいしくないし、「何故、混んでいるの?」という感じのお店も多いです。

で、今日、ご紹介しておくのは、中華料理屋の徳萬殿。

このお店の特徴は、とにかく量。爆量です。

特に有名なのが、チャーハン。普通盛りでも正直大盛りです。

味は、しっとり系のチャーハンで、ま、不味くはないです。

んでもって、チャーハンの大盛りは800円で、別名ヘルメットチャーハンと
呼ばれています。(4月から値上げされたそうです)

前に一度、普通盛りでもギブアップしたことがあったのですが
そのリベンジとして、大盛りに挑戦。

ヘルメットのように盛られているチャーハンを、あまり崩さないように
しながら、食べていきます。(崩すと、腹に収まりにくくなるというのが
同僚のアドバイスでした)

だいたい1/3ぐらいで、もうお腹いっぱいです。ここで、だいぶ味が
飽きてくるので、コショウとスープでごまかしながら食ってきます。

1/2では、もう「チャーハン、いらない」状態になります。

2/3では、正直、もう限界。あとは意地です。なんとか我慢をしながら
完食したものの、かなりキツイ。口のなかが完全にチャーハンです。
この状態なら、何食っても、チャーハン味しかしないでしょう。

誰へのリベンジなのか分かりませんが、なんとか制覇。

と、思ったものの、油にラードを使っているせいか、30分も経たないうちに
気持ち悪くなり、トイレに駆け込む羽目に。。

食べすぎで初めてリバースしました。。やはり、リベンジはならずでした。。

どうもここのお店の油とは相性が悪く、前にウーシャンロー定食というのを
食べたときも、腹が痛くなって、トイレに駆け込みました。。
(これは、八角とかの調味料が厳しかった。。)

いずれにしても、イベント的に、ボリュームのインパクトのある食事を
求める時にはお勧めです。
(ヤングな学生さんとかにはいいのかもしれませんが、30を過ぎると
ちょっとキツイかもしれません。。)

食べログにも歓喜の声が載っています。
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 07:25
comments(0), trackbacks(0), - -
ぼんぼりの親子丼@蛎殻町
JUGEMテーマ:グルメ


蛎殻町の交差点から箱崎方面にちょっと入ったところにある「ぼんぼり」。
そこの親子丼が、VVV6などメディアにも良く取り上げられているらしく、行ってみました。

お店は、1階にオープンキッチンとカウンター、少しのテーブル席。
そのほか地下にも席があるようです。
宮崎地鶏のお店らしいのですが、お店の名前から、かなりのこてこての焼き鳥やをイメージしていたのですが、シンプルでおしゃれな感じの雰囲気でした。

さて、話題の親子丼ですが、通常の鶏肉の卵とじではなくて、鶏肉の炭火焼といり卵を半分ずつごはんにかけたものです。

ぼんぼり

ごはんと具の上からやきとりのたれがかかっているので、焼き鳥丼という感じです。

ぷりぷりした地鶏と炭火の香り、とろりとしたたまごで、期待通りにおいしかったです。

どんぶりのほかに、お味噌汁とサラダと冷奴がついています。
どんぶりはすっごい量が多いです。

唐揚げ定食もメニューにあり、他の人が食べてましたが、それもまた唐揚げが盛りだくさんでした。


author:食道楽夫婦, category:ランチ, 15:59
comments(0), trackbacks(0), - -
魚の定食ランチ@魚や 日本橋店
JUGEMテーマ:グルメ


蛎殻町の交差点より人形町側にある魚がうりの居酒屋さんのお昼ご飯。
刺身定食や焼き魚、煮魚の定食がどれも880円です。

私はブリの塩焼き定食をいただきました。

ブリの塩焼きにゴハン、魚のあらのお味噌汁とお漬物。

お魚はある程度まとめて先に焼いてあるらしく、注文後、また軽く炭火で暖めるだけなので、すぐに出てきました。

ブリは脂が乗っていて少しおしょうゆをたらした大根おろしと一緒に食べると、おいしい。ご飯に合います。
あら汁もいいおだしが出ていて、おいしいです。大きめなお椀でたっぷりです。

いかにも定食!って感じで、ご飯をもりもり食べてしまい、午後は苦しい&眠かったです・・・。

魚や 日本橋店
http://r.gnavi.co.jp/g631900/

author:食道楽夫婦, category:ランチ, 18:58
comments(1), trackbacks(0), - -
コルレオーネ@水天宮前
JUGEMテーマ:グルメ


minkです。
ひさびさの水天宮前ランチ情報。。。

水天宮前の交差点からすぐのイタリアン「コルレオーネ」。

水天宮前のオフィスにうつってきて、近所のランチスポットを探した初期のころに見つけて、いつか行ってみたいなと思っていたお店です。

ピザが売りらしいのだけど、ランチにはやってないというのはなんなのだけど。

でも、私の好きなリゾットをやっているというので、同僚を誘って行ってみました。

・・・でも、私が行った日は13時を過ぎていて、リゾットは売り切れ。
結局パスタにしました。

パスタのお味は・・・、んー普通かなぁ。
普通においしい。

コーヒーもついて、900円だったかな?
コスパはベリーグッド!

今度は、リゾットを食べよう。

author:食道楽夫婦, category:ランチ, 19:05
comments(0), trackbacks(0), - -
ティーヌン タイ料理@新橋
こんにちは。あきをです。

昨日は、久しぶりにエスニックを食べたくなったので、新橋にあるティーヌンに行ってきました。

ティーヌンを展開しているスパイスロードは、東京を中心に店舗を数多く出店してますが、どれも結構本格的で安くて好きなお店です。

もともと10年ぐらい前から、高田馬場にあるカオタイというお店によく行っていたので、当時に比べるとタイ料理も普及してきたなあという感じですね。

ところで、新橋店では800円のプレートランチを頼みました。食べ放題ではなく、よそるのは1回だけと言うことで、タイ米にレッドカレー、ヤムウンセン、野菜の炒め物にスープ、サラダがつきます。

値段の割には、お得感があるかなと思うものの、1つのお皿しか用意されていないので、どうしても味が混ざってしまって、よく味が分からなくなってしまいした。

加えて、ブッフェ形式の大皿にはアルコールランプとかで温めていないため、おかずはすでに冷めてしまっていて、「どうもなあ。。」という感じでした。

以前に高田馬場のカオタイでランチブッフェをやっていたときは、おかずも温めてあって、取り放題だったんで満足度も高かったんですが、それと比較してしまうと、新橋のティーヌンは結構イマイチという感じでした。(今もカオタイでランチブッフェをやっているかは、わかりませんが。。)

お店のお客さんを見てみると、結構トムヤムラーメンを単品で頼んでいる人も多かったんで、ランチプレートよりも個別に注文した方が正解なのかもしれませんね。今度は、そっちで試してみようと思ってます。

新橋ティーヌンの場所
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 09:13
comments(0), trackbacks(1), - -
郷土・せとうち料理の「かおりひめ」@新橋
こんにちは、お久しぶりですが、あきをです。

最近はどうも新規開拓に精が出ておらず、全然更新してませんでした。すいません。

ところで、最近、どうもこってり系が苦手になってきてまして、お昼もさっぱりと軽いもので済ませたいと思うようになってきました。
または、飲みすぎてしまった翌日は、さっぱりとしたものが食べたいですよね。

そんな時にオススメなのが、郷土・せとうち料理の「かおりひめ」。新橋の銀座口からちょっと行った、徒歩1分のところにあります。

ここでは、その名のとおり、四国・瀬戸内海に面した本場の讃岐うどん伊予の鯛めしが食べられます。

讃岐うどんは、温かい麺と冷たい麺がありますが、あきをとしては、冷たい麺の方がオススメ。というのも、温かい麺はどうも、讃岐うどん独特のコシが弱いような感じがするからです。

でも、だしはめちゃめちゃウマイ。特に、肉うどんはうまい。うどん汁はすすってもすすっても、飽きない。(これで、麺にコシがあればなぁ、と思ってしまうんですね)

それで、讃岐うどん独特のコシを味わいたい方は、やっぱり「ぶっかけ!」。レモンを絞り、生醤油をたらして、かいわれ、大根おろし、かまぼこ、卵が載っかっているどんぶりを、ぐるぐる掻き混ぜて、ズルズルズルっといただく。

コシかあって、うーーーん、さっぱり!飽きないですねーー、この味!

四国では、讃岐うどんのはしごで、1日に2-3杯も食べる人がいるのも頷けます。

ところで、鯛めしは、鯛めしセットというのがあるのですが、ちょっとぱさぱさしていまいちという感じ。個人的に、宇和島の鯛めし(同じ郷土料理でも、全然違うんですね)の方が全然好きです。

とはいえ、お昼時は常に混んでいる人気店。女性が1人でも食べやすくカウンターもたくさんあるので、今日はさっぱりいこー、という時にお試しください。

ちなみに、かおりひめというのは、香川と愛媛の「香・媛」から取ったみたいです。

お店の場所
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 23:31
comments(0), trackbacks(1), - -
古都里@水天宮前
minkです。
今年から、オフィスが水天宮前になりました。
水天宮前のランチスポットは、まだまだ全然わかってなくて、
目下開拓中でございます。

水天宮前ランチ、一発目は「古都里」です。
ここは、稲庭うどんのお店。
ロイヤルパークホテルの隣にあります。
一緒に働いている人に連れて行ってもらいました。

ランチメニューに、いくつかうどんのセットがあって、
ほとんどの人が食べているのは、
うどんと炊き込みご飯とてんぷらのついたランチセットです。

うどんは、冷たいうどんとあったかいうどんがあります。
冷たいうどんは、つゆが普通のめんつゆ味とゴマだれの2種類。
カウンターに座っていたので、キッチンの中が見えたのですが、
使っている麺は有名な寛文五年堂の稲庭うどんでした。
寛文五年堂の稲庭うどんは、前に秋田に行ったときにお土産で買ってきたことが
ありましたが、なかなかおいしいです。
実は、私とあきをは、七代目佐藤養助というブランドの稲庭うどんのほうが
好みだったのですが。。。。

でも、東京で思いついた時に食べられるとしては、十分おいしいとは思います。

あ、セットのお値段は、1050円です。
うどんのセットとしてはちょっと高いかなぁ。
でも、てんぷらがそれなりに豪華なので、こんなもんかも。

てんぷらは、好みで鶏のから揚げに変更してもらえるみたいです。
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 19:58
comments(0), trackbacks(2), - -
神戸屋キッチン レストラン@丸の内オアゾ
丸の内オアゾにある神戸屋キッチン。
レストランスタイルのエリアと、カジュアルなカフェスタイルのエリアに分かれています。
もちろん、テイクアウトもできますよ。

今日ご紹介するのは、レストランエリアのランチです。

私がいつも頼むのは、1200円くらい(正確な値段忘れてしまった・・・)のプレートランチです。
お肉やお魚のメイン料理とパスタとサラダがのったプレートと、神戸屋のできたてパンの食べ放題がついています。
ドリンクもついてますよ。

焼きたてパンがおいしいんですよね〜。
もちろん、種類もいくつもあるから、ついついいろんな味を食べたくて、おかわりもらっちゃって、苦しくなりすぎて後でちょっと後悔します。

結構広いし、お店はあんまり回転率あげるのに熱心な感じじゃないので、そこそこゆっくりできます。
一人で4人テーブルに座ってる人なんかも見ました。

この神戸屋キッチンはB1Fです。
オアゾの上の方にレストランフロアがあるのですが、ランチが高いお店が結構多いので、1200円でドリンク付きはオアゾの中ではリーズナブルな方です。
パンも食べ放題なので、コストパフォーマンスがいいと思います。

ちなみに、オアゾでのランチのお店のレパートリーは、神戸屋キッチンのほかには、あとはつばめグリルです♪
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 21:40
comments(0), trackbacks(1), - -
銀座 長崎料理 「吉宗」(よっそう)
こんにちは、あきをです。久々の更新になります。

ランチもマンネリ気味ということで、新橋から銀座まで遠征をして食べに行ったのが、長崎料理「吉宗」(←"よっそう"と読みます)

場所は銀座ヤマハホールから新橋方面にちょっと行った銀座通り沿いにあります。

ここのお店の名物は、ちゃんぽん、茶碗蒸し、皿うどん。

ランチタイムのちゃんぽんは、水・金曜がベーシックなちゃんぽんで、他の曜日では、海鮮、味噌、塩ちゃんぽんになります。

海鮮ちゃんぽんはまだ食べていませんが、個人的にはやはり普通のちゃんぽんが一番ウマイですね。

特徴として、先ずは具がめちゃめちゃ沢山。海鮮系の具から、かまぼこなど、これぞ長崎!と感じさせてくれます。

ちゃんぽんのスープは魚介系の味が良く出ていて、飲み飽きません。
(スープを楽しむ上でも、味噌や塩よりも普通のちゃんぽんをオススメします)

あと、ランチの別メニューでは皿うどん。細麺=揚げた固い麺、太麺=生麺(中華焼きそばのような麺ですね)のいづれかから選びます。(あんかけの具材は同じです)

これにお好みでカラシ、ソース、酢などをかけて食べます。

さすがに有名店というだけあって、具の美味しさは流石。

ちなみに、茶碗蒸しも食べましたが、これも具沢山。でも、ランチではちゃんぽんか、皿うどんを食される方が長崎気分を味わえると思います。

ちなみに、「よっそう」の由来ですが、開業した伊予松山藩士吉田宗吉さんの吉田の「吉」と宗吉の「宗」を取って名付けられたとのことです。

チェーン店のちゃんぽんも、ちょっとなぁ、という時に是非行ってみてください。

お店へのアクセス
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 14:59
comments(0), trackbacks(0), - -
アフタヌーンティー@東京、有楽町
minkです。
ごぶさたです。

しばらく仕事でお客様先にいきっぱなしだったので、
ランチ報告できませんでした。

最近、その仕事が終了したので、今はちょっとのんびりしてます^^

さて、そんなこんなで、会社の同僚と久しぶりにのんびりとおしゃべりしながらの
ランチに行って来ました。

お店は、新東京ビルにあるアフタヌーンティーです。
新東京ビルは、東京駅と有楽町駅の中間くらいにある丸の内仲通りに面したビルで、
ほかにも おいしい魚で有名な「やんも」やイタリアンの「アントニオ」、
フレンチバーベキューの「ヴァンピックル」なんかが入ってます。

本題のアフタヌーンティーのランチですが、
日替わりと週替わりのパスタと、定番のパスタランチ、
それからサラダとお肉のランチから選びます。

私たちは、この日はのんびり目的だったので、飲み物つきのセットを選んで、1260円でした。
パンとパスタとコーヒーでこのお値段ですから、ちょっと高めかな。

パンは自家製っぽくて、美味しかったです。
パスタは、悪くないですが、まあ普通でした。

カフェなので、お昼時でも食事後もすぐに出ろという雰囲気じゃないのが、
いいところです。
author:食道楽夫婦, category:ランチ, 19:26
comments(3), trackbacks(0), - -