RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
炭火焼干物食堂 越後屋@新橋
新橋駅からゴミゴミした新橋西口通りを南下していくと、ランチ時にもくもくと煙があがっているお店があります。

その名も、炭火焼干物食堂 越後屋

魚を焼く香ばしい匂いに誘われて、お客さんが並んでいる列の最後尾につきました。

待つ時間は正直言って、結構長いです。15-20分ぐらいは待ちました。それで、待っている間にメニューを散々吟味した結果、980円の「極上さばしょう油いしる定食」を注文。

「いしる」とは、能登の魚醤のことで、秋田の「しょっつる」や四国の「いかなご」 と並ぶ日本三大魚醤の一つです。

略して「ゴクサバ」と店員の方が言っていましたが、鯖のボリュームも多くて、お魚だけでおなかいっぱいになる量です。(入り口の方だったんで、自分も炭火の灰だらけになってしまいましたが。。)

加えて、いしるの独特の甘みと脂の乗ったサバのコンビネーションがなんともいえず、ゴハンが進んでしまうのです。

流石は、お店の名前に「炭火焼干物食堂」を入れるだけはあります。

魚に炭火の香ばしい匂いが移って、ゴクサバの皮もパリパリ。日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。

それと、炭火で焼いているんでしょうがないですけど、これで行列の待ち時間が短ければなあ、という感じです。

夜も営業しているとのことなんで、今度は焼きたてのサカナを肴に、日本酒をグビっといきたいなと思ってます。

お店の場所
author:食道楽夫婦, category:和食, 19:46
comments(0), trackbacks(3), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:46
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://kuidoraku.jugem.jp/trackback/67
いじけるなサバ族
魚における「サバ」の地位低下が懸念される・・・。でもサバ好きの同士はちゃんと貴方を見ている。特別おまけ付きです!
食いしん坊太郎の一人よがり日記, 2007/03/30 9:42 PM
やっぱクレープでしょ
食べ歩きって言うと色々あるけど、個人的に押したいのはクレープ。 クレープって言うと屋台で売ってたり、有名どこで言えば原宿のマリオンクレープなんかだと思います。
食べ歩きスイーツ日記, 2007/03/31 12:24 AM
宮城県産 金華さば・うにの詰合せ 【クー
石巻港で水揚げされた脂ののった金華さばを、すし職人の技と味に近づけるよう、美味しく仕上げました。宮城県水産加工品品評会において炙りしめ鯖は水産庁長官賞を受賞しております!トロリととろけるウニとセットでどうぞ!!<内容量>炙りしめ鯖(特大)1枚(約155g)×3、
干物の1日, 2007/08/17 4:18 PM